法人税の実務

法人税の実務

出張旅費の日当(出張手当)、支給額の目安は?

法人の節税対策の代表例として、出張旅費規程を整備して日当を支給する方法が挙げられます。 仕事上の出張旅費はもちろんれっきとした経費です。それが節税対策として活用できるとはどういうことでしょうか? 出張にかかった経費の精算方法と...
法人税の実務

「休眠会社」に住民税「均等割」は、かかりません。~休眠会社の税金と手続きのポイント

「休眠会社」という言葉があります。 本稿では便宜上、法人として正式には存続しているものの、全く事業活動を行っていない、休業中の会社という定義でお話しします。そんな「休眠会社」について、法人住民税の「均等割」が課されるか、という論争が...
法人税の実務

中小企業の役員報酬の設定法。税金で損しないための基準・鉄則とは?

例えば個人事業主が法人化した場合、実質的には「会社=自分」という感覚ですが、会社から自分に役員報酬(給与)を支払うことになります。 自営業の時の感覚で、事業のお金を自由に生活費に回していると、経理上も税金上も大変なことになってきます...
法人税の実務

役員賞与(事前確定届出給与)で利益調整!に潜む大きなリスクとは?

役員であってもボーナスを出したい!毎月の給与は変動できないから、利益がたくさん出そうなときに、役員賞与で調整したい! そんなときに注意したいポイントがあります。 うまくやらないと、やっぱり「経費にならなかった!」なんてことにな...
法人税の実務

絶対に避けるべき!税務調査で指摘される脱税~重加算税の要件とペナルティ

会社を経営していると、常につきまとう漠然とした不安感。今後の経営状況など様々ありますが、「税務署」「税務調査」も不安材料の一つではないでしょうか。 もし税務調査が入った場合、絶対に避けたいものとして、「重加算税」があります。これが課...
会計・決算

社会保険料の延滞金は損金算入(経費)できますか?利率や勘定科目は?

中小企業にとって、社会保険料の負担はとても大きいものです。役員報酬と従業員の給与の約30%(労使合計の金額)を毎月支払う必要があり、やむを得ず滞納になっているケースも見かけます。 社会保険料を延滞すると、後日延滞金が課されますが、こ...
会計・決算

中古資産の耐用年数の設定方法【3つの方法から選択可能?】

節税のために中古車を買った場合や、不動産投資で中古物件を買った場合などに気になるのが、「耐用年数」の算定です。その年の減価償却費(経費)にできる金額に大きく影響してきますので、詳しく見ていきたいと思います。 一般的に使われるのは「簡...
法人税の実務

税務調査で修正申告した場合、翌期予定納税額は変わりますか?

税務調査が好きな人はいないと思いますが、税理士にとっては腕の見せ所でもあり、大変なエネルギーを使います。 今回はそんな税務調査が終わった後、ふと疑問に思うポイントです。 前年度の申告を修正した場合、修正前・修正後のどちらの数字...
法人税の実務

マンション管理費・修繕積立金の損金算入と消費税の取扱いを徹底解説

分譲マンションを購入・所有していると、マンションの管理組合に毎月支払うことになる管理費と修繕積立金。 そのマンションを賃貸に出したり、事業用に使ったりする場合に注意したい経理処理について解説します。 ポイントは、経費になるのか...
法人税の実務

中小企業の社長が「絶対に」知っておきたい、法人税率の話

会社を経営していて利益が出るようになると、必ずついて回ることになる「法人税等」の税負担。喜んで納付したいと思う人などいなく、1円でも少なくしたいというのが本音です。 しかし、利益がでると必ずどこかで「課税」というゲートを通過する仕組...
タイトルとURLをコピーしました